トップページ > 他社との違い

他社との違い

耐震等級は長期優良住宅(等級2)以上。高強度、防耐火、軽量、優れた透湿性、高耐久を備えた「高耐パネル工法(自由設計のみ)」や、ねじれにくく変形しにくく、すぐれた耐震性を実現する「面材モノコック工法」を採用しています。

軸組工法+高耐震パネル(壁)工法

山六木材の注文住宅は全て高耐震、高断熱パネル仕様となります。


軸組工法+耐震面材によるモノコック工法

壁面が一体となり、地震の外力を分散するので、優れた耐震性を発揮します。

長期優良住宅としての耐震性

財団法人日本住宅・木造技術センターによる、木造住宅供給システム認定の「高品位住宅基準15項目」に沿っての構造提案をしています。

ベタ基礎(地盤に応じて布基礎提案)

基礎の立上りだけの布基礎とは違い、底板一面が鉄筋コンクリートになっている基礎です。

家の荷重を底板全体で受け止め、面で支えるので、耐震性、耐久性に優れています。

剛床工法

2階の床は、非常に剛性の高い工法にて施工し、地震の時には、ねじれを防ぎ耐震性を高めてあります。

設計基準

上下階柱の直下率60%以上提案+左右上下階シンメトリー設計を標準提案しています。設計上の工夫→〇〇工法も大事だけど、重要なのは構造を整理したバランス良い設計で強い家を造り、次に工法や金具等で耐震強度を高める、その順番が重要。それにより、住宅コストやメンテナンス費用削減、そして将来のリフォームなどにも十分対応できる、強くて可変性の高い家づくりが可能となります。